直前だけど大丈夫!?完璧な挙式プランニング

挙式3ヶ月前にやっておくべきこと

式場も選び、衣装・料理・婚約なども済ませたカップルの方、3ヶ月まえにもなるといよいよ本格的に意識し始める方も多いでしょう。しかしまだまだ準備することはありますよ。たとえば、招待状作りですが自分たちで手作りをする事も出来ますし、業者に依頼することもできます。手作りの場合は費用が安く出来る反面、手間隙がかかりますので時間に余裕のある方ならオススメです。そして、2次会などをやる会場や幹事さんを決め、その方に依頼をしておくことが大切ですが、その際人数が多い場合は早めに会場だけでも押さえておくとスムーズです。

挙式2ヶ月前にやっておくべきこと

2ヶ月も前になれば、結婚式の中身はほぼ全て決まっているといっていいでしょう。そのため、結婚式にかかってくる費用や段取りもイメージしやすいものとなってきます。そこで、披露宴を挙げる場合に、余興をお願いする場合には、余興をお願いする人への依頼も招待状に一筆書いておくとスムーズです。その際、準備してもらう費用や内容も含めてなるべく早めに招待状は送っておきましょう。そして、出席者がきまったら引き出物の準備にかかります。

挙式1ヶ月前にやっておくべきこと

1ヶ月前ともなると、いよいよとなってきます。この時期になると、毎日大変忙しくなりますので、そんなときこそしっかりと気持ちを落ち着けて準備に臨む必要がありますね。1ヶ月にするべきことは、新郎新婦にあったメイクやヘアメイク、式の雰囲気にマッチするような演出などをじっくりと決めて行く必要があります。その他、入退場の音楽やBGMの選出、乾杯などの演出方法なども細かく決めて行きます。このときに、リハーサルを行うカップルなどもいます。

ドレスに合う結婚式ティアラを見つけたい場合には専門店を利用すればデザイン性に優れた豪華なものが手に入ります。