結婚式に招待された!これってマナー違反?

意外に知らない女性の服装

招待されたとなると、まずは何を着ていこうか、と悩みますよね。一般的に、ドレスですが、デザインや色、素材など一歩間違えるとマナー違反になってしまい、1番避けなくてはいけないのは、白色のドレスを選んでしまうことです。白色は、花嫁さんの衣装です。花嫁さんをたてるためにも、自分が恥をかかないためにも避けましょう。光の具合や写真移りによっては、ベージュや薄いピンクも白っぽく見えてしまうので、避けた方が無難ですね。

髪型にもこだわり必要

髪型にマナー違反はありませんが、ドレスやフォーマルな場所にも合う、清潔感ある髪型がふさわしいですね。ショート丈の女性はアップにすることが出来ないので、仕方ないですがセミロングやロングの人はアップにすることで、華やかにもなるしきちんと準備しているという好印象にも繋がります。ダウンスタイルだと、時間なかったのかな、とあまりいい目で見られません。自分できれいにアップ出来る人はいいですが、せっかくなのでプロの人、美容院にセットして貰うのがいいですね。

小物にもマナー違反ってある?

結婚式に持って行くカバンにもちょっとした気配りが必要です。何があるか分からないからと、大きいカバンで来てしまうのはマナー違反、小ぶりの物で、上質な素材が好まれます。殺生をイメージさせてしまうアニマル柄やファーを使った物もお祝いの席ではあまりふさわしくありません。靴は、露出の多いサンダルやつま先のあいているオープントゥはあまり好まれません。きちんと感を出すためにも、ベージュなど明るめのつま先の隠れたパンプスを選びましょう。

白金の結婚式場は駅から近くアクセスが良いところが多く、少人数で使えるハウスウェディングが可能です。身内やごく親しい人たちだけでプライベート感のある結婚式が行えます。